トップ > ポプラブログ

ポプラブログ

院内感染対策

| コメント(0)

歯科医院での感染に対する認識が日増しに高まってきています。患者さんの方からもご質問をいただくことがあります。

HPにも掲載していますが、再度当院における院内感染対策についてお話をいたします。

近年、新聞記事で歯科医院で使用している歯やかぶせ物を削る器具;ハンドピースの滅菌問題が報道されました。当院では患者さんに使用する度に、タービン・エンジンをハンドピース専用滅菌機;DACユニバーサル2で滅菌しております。また削る際に使用するバーも全てにおいて滅菌しています。滅菌できない素材の器材に対しては、高水準消毒薬のフタラールを使用し、消毒しております。

診療中に使用している手袋は患者さんごとに取り換えるのはもちろんのこと、診療途中にカルテ入力などの別の作業をする際には必ず手袋を外して破棄しています。

器具を清拭する、消毒用エタノールを浸したアルコール綿は毎朝診療前にその日の分を作製しています。アルコールは揮発するため、24時間以内に有効濃度が維持できなくなると言われているからです。

上記のように当院では滅菌消毒に力を入れております。安心して受診してください。

DACハンドピース.jpg

コメントする