トップ > ポプラブログ

ポプラブログ

嬉しい記事がありましたのでご紹介します(2018年3月30日中日新聞配信)。

健康上の理由で日常生活が制限されることがない「健康寿命」が、2016年は私の出身地である富山県で、男性が72.58歳、女性が75.77歳となり、ともに全国トップ10入りしました。「健康寿命」は2000年に世界保健機関(WHO)が提唱したのをきっかけに注目されるようにりました。

厚生労働省の調査によると全国のデータは男性72.14歳、女性は74.79歳。2013年と比べて男性は31位から8位へ、女性は14位から4位と大幅に上昇しています。

富山県はこれまで、野菜摂取やウォーキングを促すさまざまな施策を続けてきました。2017年9月から新たに始まったのが「健康寿命日本一応援店」の登録制度です。3つの条件①1食あたりの野菜を150グラム以上②塩分が3グラム以下③小盛りサービスがあるを満たしている飲食店を登録しています。2018年3月29日現在で、カフェや食堂、日本料理店、ラーメン店など161店舗を登録しています。今後は社員食堂にも展開していきたいと、県健康課の担当者は話しています。

ちなみに男性は1位は山梨、2位埼玉、3位愛知、女性は愛知、三重、山梨の順です。どの県もそれぞれ健康寿命を延ばす良いところがあるのでしょう。健康で長生きするのは素晴らしいことですね。

1