トップ > ポプラブログ

ポプラブログ

先週末、幕張メッセで開催された日本口腔外科学会に参加してきました。1年に一度開催される口腔外科学会で、口演、ポスターによる発表および様々なシンポジウム、セミナー、レクチャーがあります。

今回受講した「骨代謝回転抑制剤関連顎骨壊死・骨髄炎の診断、治療、管理-エビデンスと実際-」のレクチャーは非常に興味深く、勉強になりました。2003年に初めて骨粗鬆症予防、改善のため、がんに関連する骨吸収の抑制、高カルシウム血症の改善などに処方されているビスフォネート製剤を使用した患者さんに、顎の骨の壊死が発症することが報告されました。それ以降、様々なエビデンスや基準が存在し、処方している医師、口腔内を診ている歯科医師、ビスフォネート製剤を服用している患者さんの間で混乱が生じています。今回のレクチャーでは具体的な数字や治療法の解説および整理された目標の提示があり、とても勉強になりました。

ビスフォネート製剤は骨粗鬆症治療薬の第一選択としてよく用いられ、毎日・週1回・月1回の内服製剤、月1回の点滴製剤があります。それぞれの骨折抑制効果と患者さんの年齢、骨折リスク、ライフスタイル、薬の副作用などを考慮に入れて投与が可能です。内服、点滴にかかわらずビスフォネート製剤のような強力な骨吸収を抑制する薬を長期間使用していると、骨の代謝障害が起きます。

骨は破骨細胞のよる骨の吸収と、骨芽細胞による骨の形成を繰り返して代謝しています。破骨細胞と骨芽細胞はセットなので、ビスフォネート製剤により破骨細胞の数を少なくすると骨芽細胞も少なくなり、骨の形成も抑えることになります。そのため、ビスフォネート製剤を長期間使用している患者さんに抜歯を行った場合、抜いた部分に本来できるべき骨ができないばかりではなく、古い骨を除去する破骨細胞が働かず、定められた寿命を超えて残り、骨の細胞は死んでしまい、後には死んだ骨が取り残されます。これが骨の壊死です。

また、顎の骨はビスフォネート製剤投与の影響が、他の骨より10倍感受性が高いといわれています。よって、服用や点滴を開始する前に歯科を受診してください、と医師から勧められるのです。

前述したように、内服・点滴、投与の間隔、期間により対処方法は異なりますので、歯科受診の際にはビスフォネート製剤を「いつから」「どのくらいの量」を使用しているか教えてください。

主なビスフォネート製剤です。

ダイドロネル アレディア テイロック

ボナロン フォサマック ベネット アクトネル リカルボン ボンビバ ゾメタ

 

ビスフォネート製剤ではありませんが、2012年に承認された抗RANKLモノクローナル抗体のデノスマブも同様に顎の骨壊死を引き起こすことがあるため注意が必要です。

お口のケアと誤嚥性肺炎

| コメント(0)
カテゴリ:

こんにちは。今日は新聞の記事をご紹介します。

私が中学から高校卒業まで育った富山の取り組みです。

 

富山県内の介護施設で、口腔(こうくう)ケアを実践して誤嚥性肺炎を防ぐ取り組みが広がっています。富山市の歯科衛生士さんが独自に考案したケア技法を施設の職員に伝授し、職員が習得・実践することで、10施設で誤嚥性肺炎による入院の大幅減を実現しました。富山県外の医療・介護関係者からも注目されています。

誤嚥性肺炎は、細菌を含む唾液や食べ物などが誤って気道から肺に入り、菌が繁殖して起こります。飲み込む力が衰えた年配の方がかかりやすく、介護施設では入院によるベットの稼働率の低下が問題となっています。

歯科衛生士事務所ピュアとやま(富山市五福)の精田紀代美さん(65)代表は、施設関係者から相談を受けて技法の開発に着手しました。2009年から施設職員への指導を始めました。

技法

1.口の中の細菌を減らす歯磨きや舌掃除など週2回の口腔ケア

2.血液の流れを改善するための歯茎や首回りのマッサージ

3.痰(たん)をだしやすくする手技による排痰法


上記の技法を行うと細菌が減少し唾液がさらさらになり、食事時に使う筋肉のトレーニングにもなるといいます。全体研修後、事務所の歯科衛生士さんが施設に月2回訪問し、職員を指導します。

指導を受ける特養老人ホーム「梨雲苑」(富山市吉作)では、2010年度に延べ6人だった誤嚥性肺炎の入院が2013年度に0(ゼロ)になりました。その後もゼロを維持しており、坪内奈津子統括副施設長は「全職員で取り組み、努力した成果。安定した経営にもつながっている」と話します。特養老人ホーム「あんどの里」(魚津市仏田)でも2009年度の延べ19人から2013年度にはゼロになりました。生活指導員の政ニ恵子さん(38)は「食べる力を維持しつつ天命を全うされることを支援できている」と手ごたえを語ります。

梨雲福祉会理事長で、はやしクリニックの林一枝医師(消化器外科)は「状況をみて食事を流動食から常食に近づけることもでき、健康状態の改善や運動能力の向上につながる」とケアの効果を語ります。

事務所では今後、一般向けの口腔ケア講習会を開く予定です。東京などで介護職員向けの「口腔ケアマイスター養成講座」も開講します。精田代表は「富山発の技法として全国に広げたい」と話しました(2016年4月11日北日本新聞より)。

 

 

歯科治療時に出るお水や唾液が誤って気道に入ってしまう方がいらっしゃいます。上記のように年配の方に多く見受けられます。加齢変化のひとつではありますが、予防することが大切です。技法より誤飲が減ることは非常に興味深いです。

また、口腔内の細菌を減らすことも重要です。それにはご自身での日々のケアと歯科医院でのクリーニングが必要となりますので通院をお勧めいたします。

 

 

口内炎口角炎になりやすい方に

| コメント(0)
カテゴリ:

こんにちは。

先日はワーファリンとビタミンについてお話をしました。今回は口内炎口角炎になりやすい方にどのような食材を摂れば良いのかお話を致します。

ビタミンB2とB6が不足すると口内炎、口角炎、舌炎になりやすくなります。また粘膜の細胞はビタミンAがあると増殖しやすいため、炎症が起きたら合わせて摂取すると良いでしょう。

ビタミンB2を多く含む食品(100gあたりの含有量mg)

豚レバー(肝臓)3.6 牛レバー(肝臓)3.0 焼きのり2.33 味付けのり2.31 鶏レバー(肝臓)1.8 青のり(乾)1.61 脱脂粉乳(粉)1.6

とうがらし1.4 豚肉はつ(心臓)0.95  抹茶(粉)1.35 牛はつ(心臓)0.9 うなぎ(かば焼き)0.74 パルメザンチーズ0.68 

さば(開き干し)0.59 納豆0.56 いくら0.55 たらこ(焼)0.53 卵(卵黄)0.52 まいたけ0.49 カマンベールチーズ0.48 

モロヘイヤ0.42 ミルクココア(粉)0.42  しそ0.34  など

ビタミンB6を多く含む食品(100gあたりの含有量mg)

とうがらし3.81 にんにく1.5 まぐろ(びんなが)0.94 酒粕0.94 牛レバー0.89 まぐろ赤身0.85 マグロ脂身0.82 カツオ0.76 鶏レバー0.65

かも0.61 鶏ささみ0.6 きな粉0.58 塩さけ0.58 豚レバー0.57 さんま開き0.54 大豆0.53  かつおぶし0.53 など

 

上記の他にも含まれる食品はたくさんあります。なかなか摂取できない方は市販のビタミン剤を服用してもよいです。参考になれば幸いです。

1