トップ > ポプラブログ

ポプラブログ

定期的にクリーニングをしている患者さんの中に、茶渋が付きやすい歯の方がいらっしゃいます。

そんな方にお勧めなのが「ルシェロ歯磨きペースト ホワイト」です。

特長

1.弱アルカリ性:歯の表面に付着したステインを浮かせて落としやすくします

2.Lime粒子:歯質よりやわらかくきめ細やかなLime粒子(清掃剤)を配合しています。高濃度に配合しているためしっかり汚れを落しますが、歯を痛めません

3.PEG400:薬用成分PEG(ポリエチレングリコール)400がおタバコのヤニを溶解し除去します

4.フッ化物:薬用成分フッ化物(モノフルオロリン酸ナトリウム)950ppmが歯の再石灰化を促進し、虫歯の発生と進行を予防します

こんな方にお勧めします

・おタバコや嗜好品による強固なステインが付着している方

・ホワイトニングの効果をより持続させたい方

・白い被せ物にステインが付着している方

歯ブラシを選びましょう

歯ブラシの毛先の形状は、ラウンドもしくはひし形の物を使ってください。お薦めは「ルシェロ歯ブラシW-10」です。毛先がひし形で平面となっているため、接触面積が大きく効率よくステイン除去ができます。

ブラッシングで歯を本来の白さにしたい方、是非お試しくださいね。

こんにちは。

歯磨き剤で大変ご好評をいただいているアパガードリナメルの少量タイプを入荷しましたのでお知らせ致します。

歯の表面をコーティングしているエナメル質には、毎日のお食事や歯磨きによる目に見えないミクロの傷ができています。ステインやプラーク(歯垢)はその傷に付着しています。アパガードリナメルには最新技術でナノ粒子化した歯とほぼ同じ成分の「薬用ハイドロキシアパタイト」が入っています。微小な粒子が歯のミクロの傷を埋め、なめらかな状態にします。また栄養分(ミネラル)を補給するトリートメント効果があります。なめらかな歯面にすることで、ステインやプラークをつきにくくします。

120g:税込2310円(今までと同じサイズです)

50g:税込1030円(コンパクトで持ち運びに便利です)

私も愛用しております。是非使っていただき、つるつるな歯を実感してください。

こんにちは。今日はホームケア用歯磨き粉;アパガードリナメルをご紹介します。

ナノ粒子薬用ハイロドキシアパタイ  が配合されており、虫歯や歯周病の原因となる歯垢をからめとり、お口をすっきりさせます。歯の表面の微細な傷を粒子が埋めてなめらかにすることで、歯垢や着色汚れをつきにくくします。歯の表面をコーティングしているエナメル質は常にミネラルが溶けだしています。アパガードリナメルはミネラルを補給し、再石灰化を促すことで虫歯になりにくくします。

さらにマクロゴールポリビニルピロリドンのダブル成分により、タバコのヤニやコーヒー・ワインの着色を浮かせて優しく落とします。ゼオライトによって歯石が付くのを防ぎます。

分かり易く言いますと、車にワックスをかけると表面がつるつるになり、汚れが付きにくく、付いてもふき取り易くなりますよね。歯も同じで、アパガードリナメルによりワックスコーティングすると歯垢や着色が付きにくく、取れやすくなるのです。

汚れている車にワックスを塗っても効果が薄いように、歯もクリーニングして綺麗になってからワックスをかけましょう。歯科医院で歯石や着色を徹底的にきれいに取ってから使用すると効果が高いです。

また、ホワイトニングをすると歯のミネラル成分が失われ、乾燥して潤いがなくなります。そんな時にもお勧めです。

価格は税込み2000円ですが、十分効果が得られますよ。私も使用しています。是非お試しくださいね。

 

内容成分

溶剤:精製水

湿潤剤:グリセリン

薬用成分:ハイドロキシアパタイ  、 マクロゴールゼオライトポリビニルピロリドン、β-グリチルレチン酸、塩化セチルピリジニウム

甘味剤:キシリトール

基材:無水ケイ酸

可溶化剤:ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油、エタノール

発泡剤:N-ラウロイル-L-グルタミン酸ナトリウム

粘結剤:カラギーナン、カルボキシメチルセルロースナトリウム

香味剤:ペパーミント

安定剤:酸化チタン

保存剤:塩酸アルキルジアミノエチルグリシン

こんばんは。

すっかり冬になり街はイルミネーションで彩られていますxmas。忘年会などで忙しい時期です。急に寒くなり、

「腫れてしまって、、、」 「痛くて」 「ビールが凍みて」 「口内炎ができてしまって」

お口のトラブルが起きやすくなっています。症状がひどくなる前に、早め早めの治療が一番近道です。なんとかお時間を作って受診してくださいね。

先日「お正月に帰省するのだけれど、短期間でホワイトニングできますか」との問い合わせをいただきました。ホワイトニングのお薬は歯垢や歯石、茶渋の上からですと効きが悪くなりますので、術前に歯のクリーニングを行います。その際微細な傷がつきやすいため、一週間歯を休ませてからホワイトニングの薬液を塗布します。

初診時にクリーニング→一週間後にホワイトニング→痛みや凍みが出ていないか予後観察

という流れになります。お急ぎのご事情もあるでしょうが、歯を健康に保つための必要な期間ですのでお願いしますhappy01

 

こんにちは。暑い日が続いていますね。みなさま体調はいかがでしょうか。

もう夏休みに入っている学生さんの部活合宿や、帰省や旅行の予定が、患者さんたちからも聞こえてきます。

 

今日は歯の着色と歯磨き粉についてお話をさせていただきます。

以前フッ化スズが配合された歯磨き粉が普及しました。いわゆるフッ素入り歯磨き粉です。お子様にも使いやすい味だったころから、歯医者でもお勧めされたことがあるかたもいらっしゃるでしょう。フッ化スズは無色ですが、お口の中でフッ素は歯に取り込まれ、残ったスズが唾液中のタンパクで硫化し、褐色の着色が生ずることがよく見受けられました。

最近ではフッ化ナトリウムを配合した歯磨き剤が多く発売され、歯磨き粉による着色はなくなりました。当院でもフッ化ナトリウム配合の歯磨き粉;チェックアップを採用しております。フッ素は多少酸っぱいことから、お子様用に低濃度の500ppm、大人用に950ppmを取り扱っています。

着色の原因は、汚れ(プラーク)、飲食物、タバコ、グルコン酸クロルヘキシジン系抗菌洗口剤(薬品名ヒビテンなど)、ハロゲン化合物(薬品名イソジンなど)があげられます。

除去方法はブラッシングによる汚れ取り、歯磨き剤(研磨剤やステイン除去が入っているもの)の使用、歯科による、歯石除去・PMTC;Professional Mechanical Tooth Cleaning が有効です。おうちでできる、セルフケアも大切ですが、歯が重なっている部分はどうしても歯ブラシが通りづらいため、定期的な歯科でのクリーニングをお勧めいたします。

チェックアップ.JPG