トップ > ポプラブログ

ポプラブログ

先週末、幕張メッセで開催された日本口腔外科学会に参加してきました。1年に一度開催される口腔外科学会で、口演、ポスターによる発表および様々なシンポジウム、セミナー、レクチャーがあります。

今回受講した「骨代謝回転抑制剤関連顎骨壊死・骨髄炎の診断、治療、管理-エビデンスと実際-」のレクチャーは非常に興味深く、勉強になりました。2003年に初めて骨粗鬆症予防、改善のため、がんに関連する骨吸収の抑制、高カルシウム血症の改善などに処方されているビスフォネート製剤を使用した患者さんに、顎の骨の壊死が発症することが報告されました。それ以降、様々なエビデンスや基準が存在し、処方している医師、口腔内を診ている歯科医師、ビスフォネート製剤を服用している患者さんの間で混乱が生じています。今回のレクチャーでは具体的な数字や治療法の解説および整理された目標の提示があり、とても勉強になりました。

ビスフォネート製剤は骨粗鬆症治療薬の第一選択としてよく用いられ、毎日・週1回・月1回の内服製剤、月1回の点滴製剤があります。それぞれの骨折抑制効果と患者さんの年齢、骨折リスク、ライフスタイル、薬の副作用などを考慮に入れて投与が可能です。内服、点滴にかかわらずビスフォネート製剤のような強力な骨吸収を抑制する薬を長期間使用していると、骨の代謝障害が起きます。

骨は破骨細胞のよる骨の吸収と、骨芽細胞による骨の形成を繰り返して代謝しています。破骨細胞と骨芽細胞はセットなので、ビスフォネート製剤により破骨細胞の数を少なくすると骨芽細胞も少なくなり、骨の形成も抑えることになります。そのため、ビスフォネート製剤を長期間使用している患者さんに抜歯を行った場合、抜いた部分に本来できるべき骨ができないばかりではなく、古い骨を除去する破骨細胞が働かず、定められた寿命を超えて残り、骨の細胞は死んでしまい、後には死んだ骨が取り残されます。これが骨の壊死です。

また、顎の骨はビスフォネート製剤投与の影響が、他の骨より10倍感受性が高いといわれています。よって、服用や点滴を開始する前に歯科を受診してください、と医師から勧められるのです。

前述したように、内服・点滴、投与の間隔、期間により対処方法は異なりますので、歯科受診の際にはビスフォネート製剤を「いつから」「どのくらいの量」を使用しているか教えてください。

主なビスフォネート製剤です。

ダイドロネル アレディア テイロック

ボナロン フォサマック ベネット アクトネル リカルボン ボンビバ ゾメタ

 

ビスフォネート製剤ではありませんが、2012年に承認された抗RANKLモノクローナル抗体のデノスマブも同様に顎の骨壊死を引き起こすことがあるため注意が必要です。

先日ご紹介した、アンチエイジングリップのラシャスリップが再入荷しました。

美容家のIKKOさんがテレビで紹介されてからとても人気になり、注文してから入荷まで一カ月待ちました。

ようやく入りましたので、ご入用の方はお声かけくださいね。

私も続けて使っております。冷房にあたって乾燥しても全く問題なくいつも潤いがある状態をキープできますよ。

インプラントを入れている方、歯周病予防をしたい方にお勧めの歯磨き粉を入荷しました。

 

バイオリペア Biorepair pro

 

バイオリペアは天然由来成分でエナメル質を修復し、歯肉炎を予防し、知覚過敏を改善し、インプラントを守ります。

 

マイクロリペア®が歯を修復し、インプラント体を守ります

天然歯は、エナメル質の9597%、象牙質のおよそ70%がハイドロキシアパタイトで形成されています。バイオリペアにはハイドロキシアパタイトを主としたマイクロリペア®という最新技術の成分が含まれています。

またマイクロリペア®がインプラント表面を覆うことで、表面を滑らかにし、プラークを付着しにくくします。

 

フッ素無配合でインプラントにも安心して使用できます

フッ素がインプラント体を劣化させるというデータがあります。そのため、インプラントが口腔内に入っている方はフッ素無配合の歯磨き剤をお勧めしております。

 

ラクトフェリンがプラークから歯と歯肉を守ります

虫歯と歯周病はバイオフィルム化したプラークが原因です。バイオフィルムとは微生物の集合体のことで、口腔内で成長しやすく抗菌薬などが効きません。ラクトフェリンは抗菌活性を持ち歯周病菌の抑制効果があるため、バイオフィルム化を防ぐことができます。

 

ビタミンAE、ハーブ各種が歯肉を守ります

ビタミンAは抗酸化作用をもち、ビタミンEは歯肉細胞の老化を防ぎます。またキンセンカやスピルリナなどのハーブも抗炎症作用や抗酸化作用を持つため、歯肉を健康な状態に保ちます。

 

 

当院では歯周病が進行している方やインプラント周囲炎予防のためにペリオバスターという液体・ジェルの歯磨き剤をお勧めしております。歯周病菌を少なくする作用があるペリオバスターですが、海草のような味がするため、患者さんによっては使いづらい方がいらっしゃいます。そんな方には今回のバイオリペアがお勧めです。是非使ってみてくださいね。

AGEと虫歯進行

| コメント(0)
カテゴリ:

歯に蓄積した老化関連物質「AGE」の働きで、年を取ると虫歯の進行が遅くなる、という記事をご紹介します。

(2016年8月16日共同通信社配信)

AGEとは終末糖化産物(Advanced Glycation End Products)、タンパク質と糖が加熱されてできた物質のことです。強い毒性を持ち、老化を進める原因物質とされています。AGEは多くの種類があり、加齢に伴って体内に蓄積され、老化に関与するほか、糖尿病や腎不全などを悪化させる物質として研究が進んでいます。そのAGEが歯に蓄積すると虫歯が進行しにくい傾向があることを大阪大の三浦治郎助教(総合歯科学)らのチームが明らかにし、歯学専門誌(ジャーナル・オブ・デンタルリサーチ)電子版に15日発表しました。

虫歯への耐性を強めているとみられ、チームは「加齢と虫歯の関係性の解明や、AGEを利用する治療法開発につながる可能性がある」としています。チームは、歯の象牙質で、AGEが虫歯になっている所に多く蓄積していることを、蛍光現象を利用した特殊な測定法で詳細に観察するのに成功しました。 分析を進めると、AGEが多い所は、虫歯の原因となる酸や酵素を加えても歯が溶けにくかったそうです。高齢者は、象牙質にAGEが多く蓄積され、酸や酵素に対する耐性が強まるため、若年者よりも虫歯が進行しにくい傾向があるとみています。

上記のようにAGEは糖尿病や腎不全の悪化、皮膚のしわやたるみ、シミ、動脈硬化や骨粗鬆症の原因となりうる物質として、体内に蓄積しないようにする食事内容や摂取方法が数多く案内されています。今回の研究では虫歯の進行を遅くするというデータが出ており、大変興味深く拝見しました。ただ虫歯になっている部分にと記載されていますので、慎重にならなくてはなりません。まずは虫歯にしないことが大事です。さらなる研究が進むことを期待しております。


こんにちは。

白いかぶせ物のお値段が変わりました。

当院では美しい仕上がりの技工所さんと契約をしております。最近の傾向として保険の効く銀歯ではなく、メタルフリーのe-max,ジルコニアの需要が大変増えております。数が多く出るため、技工代がお安くでき、患者さんへのお値段もお値下げすることができました。

e-max;オールセラミック 10万円→8万円(税別)

ジルコニア 12万円→8万円(税別)

部分的な白いかぶせ物のシンフォニーとe-maxもご用意しております。

小臼歯 シンフォニー 16000円 e-max 50000円

大臼歯 シンフォニー 20000円 e-max 60000円(いずれも税別)

 

私自身も口の中のメタルを少しずつe-maxに変えております。かみ合わせや嗜好品により適応材料が異なりますので、ご相談くださいね。

自費見本写真8月.JPG

前の5件 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11