トップ > ポプラブログ

ポプラブログ

虫歯だけを溶かして除去する治療;カリソルブ導入しました

| コメント(0)

虫歯だけを溶かして除去する治療;カリソルブシステムを導入しました。健康な歯を削らない虫歯治療で、スウェーデンで1998年に認可され、現在ではヨーロッパをはじめ、世界各国で一般的な治療として普及してきています。日本では2007年に厚生労働省に認可されました。

<治療法>

solv31.png

虫歯は表面よりも歯の中広がりやすい傾向があります。

薬剤を効果的に投入するため、少しだけ削ることがあります。元々ある程度の穴が開いている場合は削る必要はありません。

solv32.png

虫歯だけをやわらかくする薬剤;カリソルブを虫歯の部分に作用させます。

虫歯ではない部分および歯肉には影響がありません。

solv33.png

やわらかくなった虫歯をかき出し、除去します。

虫歯が深い場合は②→③を繰り返します。

solv34.png

歯と同じ色の詰め物;レジンを穴に詰めます。

<成分>

精製水・次亜塩素酸ナトリウム、アミノ酸、水酸化ナトリウム

<適応症>どんな症例に使えるの?

神経まで到達していない虫歯に使えます。お子様や歯科治療が怖い方にも、何回も通わず1回で治療を済ませることができます。

<作用メカニズム>

お口の中は酸性化しています。したがって、まずアルカリ性に戻す必要があります。

①次亜塩素酸ナトリウムを通常希釈するとpH8.5程度のアルカリ性です。カリソルブに入っている水酸化ナトリウムもアルカリ性pH 12程度です。

②う蝕の初期段階はエナメル質の「脱灰」化という事になります。その状態は、言わばエナメル質がスカスカの状態と言えます。

③エナメル質の大部分は、無機質のリン酸カルシウムですが水と有機質(タンパク質)で構成されています。通常、リン酸カルシウムはアルカリでは溶けることはありませんが、スカスカになった状態に次亜塩素酸による酸化分解と水酸化ナトリウムによりアミド結合(ペプチド結合)を加水分解するため、タンパク質を腐食する作用を持ちます。

④これにより、スカスカになったう蝕部のエナメル質がもろくなり、簡単に削り取れる状態になります。

<費用>

保険適応外の治療になります。

当院ではカリソルブ使用一か所10000円(税別)、白い詰め物3000円(税別)で行っています。

コメントする