トップ > ポプラブログ

ポプラブログ

ロイテリ菌~バイオブレスとプロデンティスの違い

| コメント(0)

当院では善玉ロイテリ菌配合のプロデンティスを数か月前より取り扱っております。歯周病、口臭が気になる方、虫歯になりやすい方につかって頂き、効果がでています。ドラックストアで取り扱っている「バイオブレス」と当院の「プロデンティス」との違いを、販売元のバイオガイアジャパン株式会社に問い合わせをしました。

<菌の違い>

『バイオブレス』商品

母乳由来のロイテリ菌「DSM 17938菌株」を、1錠あたり1億個配合

ストロベリーフレーバーで、子供から大人まで馴染みやすいお味

『プロデンティス』商品

母乳由来のロイテリ菌「DSM 17938菌株」が1億個+口腔由来のロイテリ菌「 ATCC PTA 5289 菌株」が1億個

→合わせて約2億個配合

ミントフレーバー

母乳由来のロイテリ菌「DSM 17938菌株」

胃酸や胆汁への耐性があるので腸まで生きて届くことができます。またロイテリンという抗菌物質を分泌することで、むし歯菌・歯周病菌・ピロリ菌・口臭の原因となる悪玉菌といった様々な悪玉菌を抑制し、善玉菌優勢な体内細菌バランスに整えるよう働きかけます。

口腔由来のロイテリ菌「 ATCC PTA 5289 菌株」

口腔内に定着して歯肉の出血や炎症を抑制するはたらきがあります。

よって、『プロデンティス』商品は、母乳由来の「DSM 17938 菌株 」でむし歯菌や歯周病菌など様々な悪玉菌を抑制し、口腔由来の「 ATCC PTA 5289 菌株」で炎症を緩和するWの効果があります。歯肉の炎症や出血のトラブルにお悩みのお客様には2菌株入ったプロデンティス商品をお勧めしております。

<使用頻度>

いずれの商品も使い始めロイテリ菌2.jpgバイオブレス.jpgは毎日連続で一カ月使用することで善玉菌が安定してきます。その後は症状に応じて2.3日に一度の使用でもかまいませんが、続けることで善玉菌の安定を維持することができます。 重要なのは継続して使用することです。

ドラックストアのチラシには一カ月になる前に2.3日に一度の使用と記載してありますが、販売元のバイオガイアジャパン株式会社の研究では一カ月毎日連続使用により安定するデータが出ています。

当院で使用している患者さんから続々と嬉しい声が寄せられています。

・歯周病が進行して歯ブラシのたびに出血していましたが2.3カ月で改善

・娘に口臭を指摘されていたが1カ月の使用で匂いが無くなった

・クリーニングの際に歯周ポケットを触ると出血や膿があったが改善した

ほとんどの方が効果を実感し、リピーターになっています。歯周病や口臭で悩んでいる方は是非使ってみてくださいね。

コメントする