トップ > ポプラブログ

ポプラブログ

当院には「口が渇いて・・・」と訴える患者さんが大勢いらっしゃいます。これからの季節、暖房などで乾燥するとお口の中も乾きやすい環境になります。大きな唾液腺は、耳下腺、顎下腺、舌下腺があり、その中でも耳下腺はさらさらな液が分泌され(漿液腺)、お口に潤いを与えます。耳下腺分泌が少ない方にはマッサージをしていただいています。自分でも簡単にできますので、ご紹介いたします。

左の図のように、耳下腺は耳たぶの下から顎のエラ、頬骨にかけて広がっています。唾液が通る管はお顔の後ろ側から前に向かって走行し、出口はお口の中の、上奥歯の頬粘膜(ほおの粘膜)に位置しています。

右の図のように、耳たぶの下から頬骨にかけて指を添え、後ろの指から前に絞るように押します。1.2.3.4の順に後ろから送るように絞ります。マッサージはお食事の前が効果的です。左右にありますので、両方、10回ほど行ってください。

口腔乾燥の原因は様々です。全身的な原因として、脱水や代謝異常があります。唾液腺自体の原因としては、加齢変化、放射線治療による萎縮、炎症による萎縮、唾液分泌神経の障害、その他、口呼吸などがあげられます。マッサージをしても乾燥が改善されない場合には、口腔外科または耳鼻科を受診しましょう。

1