トップ > ポプラブログ

ポプラブログ

くさび状欠損による知覚過敏

| コメント(0)
カテゴリ:

くさび状欠損

歯と歯肉の境の辺りはエナメル質とセメント質の境界で物理的性状が異なっています。歯は固い物ですが、飲食物の温度差や食事による咀嚼、噛みしめ、歯ぎしりなどによりこの部位にひずみがかかり、エナメル質が破折してくさびを打ち込んだ時の様な凹みが出来ることがあります。これをくさび状欠損といい、冷たい飲み物を飲んだり、歯ブラシをした場合にしみるという知覚過敏を生じます。くさび状欠損の治療としては欠損部に樹脂を詰めたり、歯ぎしりや噛みしめなどがあるときは歯の負担を和らげるためにマウスピースを装着してもらいます。

口腔内フローラ

| コメント(0)
カテゴリ:

口腔内フローラについて

乳酸菌飲料や整腸剤のコマーシャルなどで腸内フローラという言葉をよく耳にすると思います。フローラとは花畑の意味ですが、細菌がグループを作って住み着き、電子顕微鏡で観察すると花畑のように見えるためそのように呼ばれるようになりました。

口腔内には約500〜700種の口腔内常在菌が存在しており、口腔内フローラを形成しています。口腔内常在菌は主に出生直後に母親など近親者から伝播して形成されます。そのため口腔内常在菌の構成はどの人でも同じではありません。口腔内常在菌の病原性は低く、それぞれの細菌がバランスを取っていずれかが突出して勢力を拡大して感染症を起こすことは通常ありません。

一方で、口腔細菌の中でもP.g 菌(Porphyromonas gingivalis)、B.f 菌(Bacteroides forsythus)、T.d 菌(Treponema denticola)などが歯周病の悪玉菌とされています。したがってこれらの菌数が多い場合は歯周病になりやすく、重篤化する可能性があります。

腸内フローラは肥満や糖尿病、最近話題の潰瘍性大腸炎などさまざまな病気の発症に関わっていることが明らかにされ、「腸内フローラ移植」の研究が行われています。さらに「腸内フローラ移植」とは安全で健康なドナー(提供者)の便から採取した腸内細菌を患者の大腸に投与して元々存在する病気の原因となる悪玉菌を排除するという治療もされています。

現在のところ口腔内においてはドナーからの「口腔内フローラ移植」ではなく、母乳や口腔に由来する乳酸菌であるロイテリ菌プロデンティス株やプロガストラス株を含有したトローチ剤などが使用されています。

 口腔ケアに十分に気を遣っているのに歯周病が進んでしまうという方がいます。このような場合にはご自分でのブラッシングやプロによるクリーニングに加えて「口腔内フローラ」を変えてあげることも重要だと思います。当院で販売しており、一日一回お口に含んで溶かすだけのタブレットです。詳しくは2019年4月11日のブログ;ロイテリ菌をご覧ください。

ロイテリ菌1.jpg

1