トップ > ポプラブログ

ポプラブログ

認知症と歯周病

| コメント(0)

認知症は日本では約460万人、65歳以上の高齢者の約15%が患っているとされています。認知症の約7割を占めるアルツハイマー病アミロイドβ(Aβ)と呼ばれるタンパク質が脳の神経細胞細胞の周りに沈着したり、神経の線維を構成するタウタンパク質(τタンパク質)の変化が脳の神経細胞で起こり神経細胞が死んでしまうことで認知機能障害を生じます。

アルツハイマー病患者の脳内から歯周病菌の一つであるPorphromonas gingivalis (Pg菌)の細胞の外にある毒素の存在が報告されています。また、脳の細胞の5 %以上を占め、脳の免疫を担当するミクログリアがこの毒素により必要以上に働いてAβの産生や蓄積を起こします。

さらに最近の研究からPg菌が血管内に入り込むと脳の外で作られたAβが脳内に入り込み蓄積することが明らかになりました。

歯周病菌は腫れた歯肉から容易に血管内に入り込み、全身を巡ります。菌自体は体の免疫により死滅しますが、その毒素は残ってしまい、その影響で認知症以外でも糖尿病などのいわゆるメタボリックシンドロームの発症にも関与します。

歯科医による定期的な口腔ケアは、口腔内ばかりでなく全身の健康維持にとって重要です。

コメントする