トップ > ポプラブログ

ポプラブログ

認知症と歯周病

| コメント(0)
カテゴリ:

認知症は日本では約460万人、65歳以上の高齢者の約15%が患っているとされています。認知症の約7割を占めるアルツハイマー病アミロイドβ(Aβ)と呼ばれるタンパク質が脳の神経細胞細胞の周りに沈着したり、神経の線維を構成するタウタンパク質(τタンパク質)の変化が脳の神経細胞で起こり神経細胞が死んでしまうことで認知機能障害を生じます。

アルツハイマー病患者の脳内から歯周病菌の一つであるPorphromonas gingivalis (Pg菌)の細胞の外にある毒素の存在が報告されています。また、脳の細胞の5 %以上を占め、脳の免疫を担当するミクログリアがこの毒素により必要以上に働いてAβの産生や蓄積を起こします。

さらに最近の研究からPg菌が血管内に入り込むと脳の外で作られたAβが脳内に入り込み蓄積することが明らかになりました。

歯周病菌は腫れた歯肉から容易に血管内に入り込み、全身を巡ります。菌自体は体の免疫により死滅しますが、その毒素は残ってしまい、その影響で認知症以外でも糖尿病などのいわゆるメタボリックシンドロームの発症にも関与します。

歯科医による定期的な口腔ケアは、口腔内ばかりでなく全身の健康維持にとって重要です。

口腔内フローラ

| コメント(0)
カテゴリ:

口腔内フローラについて

乳酸菌飲料や整腸剤のコマーシャルなどで腸内フローラという言葉をよく耳にすると思います。フローラとは花畑の意味ですが、細菌がグループを作って住み着き、電子顕微鏡で観察すると花畑のように見えるためそのように呼ばれるようになりました。

口腔内には約500〜700種の口腔内常在菌が存在しており、口腔内フローラを形成しています。口腔内常在菌は主に出生直後に母親など近親者から伝播して形成されます。そのため口腔内常在菌の構成はどの人でも同じではありません。口腔内常在菌の病原性は低く、それぞれの細菌がバランスを取っていずれかが突出して勢力を拡大して感染症を起こすことは通常ありません。

一方で、口腔細菌の中でもP.g 菌(Porphyromonas gingivalis)、B.f 菌(Bacteroides forsythus)、T.d 菌(Treponema denticola)などが歯周病の悪玉菌とされています。したがってこれらの菌数が多い場合は歯周病になりやすく、重篤化する可能性があります。

腸内フローラは肥満や糖尿病、最近話題の潰瘍性大腸炎などさまざまな病気の発症に関わっていることが明らかにされ、「腸内フローラ移植」の研究が行われています。さらに「腸内フローラ移植」とは安全で健康なドナー(提供者)の便から採取した腸内細菌を患者の大腸に投与して元々存在する病気の原因となる悪玉菌を排除するという治療もされています。

現在のところ口腔内においてはドナーからの「口腔内フローラ移植」ではなく、母乳や口腔に由来する乳酸菌であるロイテリ菌プロデンティス株やプロガストラス株を含有したトローチ剤などが使用されています。

 口腔ケアに十分に気を遣っているのに歯周病が進んでしまうという方がいます。このような場合にはご自分でのブラッシングやプロによるクリーニングに加えて「口腔内フローラ」を変えてあげることも重要だと思います。当院で販売しており、一日一回お口に含んで溶かすだけのタブレットです。詳しくは2019年4月11日のブログ;ロイテリ菌をご覧ください。

ロイテリ菌1.jpg

歯周病と糖尿病には密接なかかわりがあります。

2型糖尿病の原因の一つとして

脂質をたくさんため込んで大型化した脂肪細胞→慢性的な炎症を引き起こす

→炎症細胞から分泌される炎症性サイトカインインスリン抵抗性を増大→血糖値を上昇させる

と考えられています。

歯周病

歯周組織で嫌気性細菌を主とした感染が起こる→免疫細胞から炎症性サイトカインが分泌

→血流に乗って全身に播種→インスリン抵抗性を増大させる

上記のように、脂肪組織で起こった炎症と歯周組織で起こった炎症はいずれも、炎症性サイトカインを通じてインスリン抵抗性を増大させます。その結果、血糖値を上昇させるという同じ病態が基となっているのです。

現在日本糖尿病学会も、歯周病との関係について言及しています。学会HPに掲載されている、糖尿病診療ガイドライン2016 ( 南江堂 ホームページ)の中にも、「糖尿病と歯周病」という項目があります。当院では定期健診やクリーニングにいらした患者さんで、糖尿病の項目に○を付けた方には必ずHbA1cの値を聞いています。治療を受けていない方には内科受診を勧めます。まだ研究の余地がございますが、どちらの病気もご自分と医療従事者できちんと管理していくことが重要です。ご参考になれば幸いです。

当院では善玉ロイテリ菌配合のプロデンティスを数か月前より取り扱っております。歯周病、口臭が気になる方、虫歯になりやすい方につかって頂き、効果がでています。ドラックストアで取り扱っている「バイオブレス」と当院の「プロデンティス」との違いを、販売元のバイオガイアジャパン株式会社に問い合わせをしました。

<菌の違い>

『バイオブレス』商品

母乳由来のロイテリ菌「DSM 17938菌株」を、1錠あたり1億個配合

ストロベリーフレーバーで、子供から大人まで馴染みやすいお味

『プロデンティス』商品

母乳由来のロイテリ菌「DSM 17938菌株」が1億個+口腔由来のロイテリ菌「 ATCC PTA 5289 菌株」が1億個

→合わせて約2億個配合

ミントフレーバー

母乳由来のロイテリ菌「DSM 17938菌株」

胃酸や胆汁への耐性があるので腸まで生きて届くことができます。またロイテリンという抗菌物質を分泌することで、むし歯菌・歯周病菌・ピロリ菌・口臭の原因となる悪玉菌といった様々な悪玉菌を抑制し、善玉菌優勢な体内細菌バランスに整えるよう働きかけます。

口腔由来のロイテリ菌「 ATCC PTA 5289 菌株」

口腔内に定着して歯肉の出血や炎症を抑制するはたらきがあります。

よって、『プロデンティス』商品は、母乳由来の「DSM 17938 菌株 」でむし歯菌や歯周病菌など様々な悪玉菌を抑制し、口腔由来の「 ATCC PTA 5289 菌株」で炎症を緩和するWの効果があります。歯肉の炎症や出血のトラブルにお悩みのお客様には2菌株入ったプロデンティス商品をお勧めしております。

<使用頻度>

いずれの商品も使い始めロイテリ菌2.jpgバイオブレス.jpgは毎日連続で一カ月使用することで善玉菌が安定してきます。その後は症状に応じて2.3日に一度の使用でもかまいませんが、続けることで善玉菌の安定を維持することができます。 重要なのは継続して使用することです。

ドラックストアのチラシには一カ月になる前に2.3日に一度の使用と記載してありますが、販売元のバイオガイアジャパン株式会社の研究では一カ月毎日連続使用により安定するデータが出ています。

当院で使用している患者さんから続々と嬉しい声が寄せられています。

・歯周病が進行して歯ブラシのたびに出血していましたが2.3カ月で改善

・娘に口臭を指摘されていたが1カ月の使用で匂いが無くなった

・クリーニングの際に歯周ポケットを触ると出血や膿があったが改善した

ほとんどの方が効果を実感し、リピーターになっています。歯周病や口臭で悩んでいる方は是非使ってみてくださいね。

薬用デンタルリンス;ヒノペリオ ナイトケア入荷しました。

当院には舌が荒れた、ヒリヒリするなどの舌炎症状を訴える患者さんが多くいらっしゃいます。舌に炎症があるときはアルコール、辛いものなども刺激物を避けていただきます。市販のうがい薬にはアルコールが入っているものが多いため、アルコールが入っていないデンタルリンスのヒノペリオ ナイトケアを入荷いたしました。刺激が少なく味がマイルドなため、どなたにも使用し易くなっています。

<4つの薬用成分>

歯周病菌を殺菌、歯周病(歯肉炎、歯周炎)、口臭を予防

  1. ヒノキチオール
  2. IPMP;イソプロピルメチルフェノール
  3. CPC;塩化セチルピリジニウム

歯茎の炎症を予防

  1. GK2;グリチルリチン酸ジカリウム

キシリトールも含まれております。フッ素は入っていませんので、インプラントを入れている方にも安心してお使いいただけます(薬用はみがきヒノペリオにはフッ素が入っています)。

就寝中は唾液分泌量が低下するため、細菌が増えやすくなります。就寝前の口腔ケアは歯周病予防に非常に重要です。ヒノペリオ ナイトケア使用後は水ですすぐ必要がないため、就寝前に使用していただき、そのまま寝ても大丈夫です。菌の増殖を抑え、翌朝まで口腔内環境を良好に保ちます。

価格は税込1300円です。是非おためしください。

1  2  3  4