トップ > ポプラブログ

ポプラブログ

虫歯だけを溶かして除去する治療;カリソルブシステムを導入しました。健康な歯を削らない虫歯治療で、スウェーデンで1998年に認可され、現在ではヨーロッパをはじめ、世界各国で一般的な治療として普及してきています。日本では2007年に厚生労働省に認可されました。

<治療法>

solv31.png

虫歯は表面よりも歯の中広がりやすい傾向があります。

薬剤を効果的に投入するため、少しだけ削ることがあります。元々ある程度の穴が開いている場合は削る必要はありません。

solv32.png

虫歯だけをやわらかくする薬剤;カリソルブを虫歯の部分に作用させます。

虫歯ではない部分および歯肉には影響がありません。

solv33.png

やわらかくなった虫歯をかき出し、除去します。

虫歯が深い場合は②→③を繰り返します。

solv34.png

歯と同じ色の詰め物;レジンを穴に詰めます。

<成分>

精製水・次亜塩素酸ナトリウム、アミノ酸、水酸化ナトリウム

<適応症>どんな症例に使えるの?

神経まで到達していない虫歯に使えます。お子様や歯科治療が怖い方にも、何回も通わず1回で治療を済ませることができます。

<作用メカニズム>

お口の中は酸性化しています。したがって、まずアルカリ性に戻す必要があります。

①次亜塩素酸ナトリウムを通常希釈するとpH8.5程度のアルカリ性です。カリソルブに入っている水酸化ナトリウムもアルカリ性pH 12程度です。

②う蝕の初期段階はエナメル質の「脱灰」化という事になります。その状態は、言わばエナメル質がスカスカの状態と言えます。

③エナメル質の大部分は、無機質のリン酸カルシウムですが水と有機質(タンパク質)で構成されています。通常、リン酸カルシウムはアルカリでは溶けることはありませんが、スカスカになった状態に次亜塩素酸による酸化分解と水酸化ナトリウムによりアミド結合(ペプチド結合)を加水分解するため、タンパク質を腐食する作用を持ちます。

④これにより、スカスカになったう蝕部のエナメル質がもろくなり、簡単に削り取れる状態になります。

<費用>

保険適応外の治療になります。

当院ではカリソルブ使用一か所10000円(税別)、白い詰め物3000円(税別)で行っています。

こんにちは。

歯医者さんに行くのが嫌な理由として多いのが「痛い」です。少しでも「痛い」思いを軽減させるために、メロディ付きの電動注射器を導入しました。メロディが流れることで不安や恐怖感を解消できます。また痛みを抑えるために、開始の際には低速で、その後ゆるやかに注入速度が上昇しますので、始めのちくっとする痛みが軽減され、より短時間で麻酔が終わります。

注射器と同様、より痛みや不快感を少なくするよう、様々な機器が進化をしています。歯医者さんへの足が遠のき虫歯が進行してしまうよりも、安心して来院し、早め早めの治療を受けていただければと願います。

こんにちは。 今日は埼玉新聞の記事をご紹介いたします(埼玉新聞2/12配信)。

 さいたま市の大宮歯科医師会(栗原孝幸会長)で、40歳以上を対象にした口腔がんの講演と検診が行われ、高齢者を中心に約80人が集まりました。

 講演は明海大学歯学部の坂下英明教授が講師を務め、「口腔がんは自覚症状がなく早期発見が難しい。視診や触診などによる口腔内検診を受け、早期発見に努めてほしい」と訴えました。

 講演後、会場内の実習室で明海大学歯学部の歯科医による口腔がん検診が行われ、診察した歯科医は「口の中で気になることはないですか」と一人一人に優しく尋ね、参加者からの相談を丁寧に受けていました。 

 

当院では定期検診の際に虫歯だけではなく、歯周病の進み具合、お口の粘膜の状態を診させていただき、できものや異常などの早期発見に心がけております。お痛みなどの症状がなくてもお口の定期検診はとても大事です。お時間があるときに受診をお勧めいたします。

 

矯正の先生です

| コメント(0)
カテゴリ:

以前よりお問い合わせをたくさんいただいておりました、矯正を始めました。

北海道大学の同期ドクターで矯正指導医を持っている先生です。人柄も明るく信頼できる方です。

矯正相談は無料ですのでお気軽にお声をかけてください。

月に一度の診療になり、今月は11/14金曜日の午後です。

スタッフ紹介に詳細を載せましたのでご覧になってくださいね。

こんにちは。今日は初夏のさわやかなお天気で気持ちが良いですね。

好評をいただいているウェットキーピングミストタイプに続き、ジェルタイプをご用意しましたのでご案内いたします。

成分:グリセリン、ベタイン、キシリトール(この3成分はミストと同じです)、ラクトフェリン、メリアアザジラクタ葉エキス

ラクトフェリンは牛乳、母乳などに含まれる多機能たんぱく質です。メリアアザジラクタ葉エキスはセンダン科の常緑樹で、抗炎症作用があります。

ミスト、ジェルともにお口の乾燥でお困りの時にお使いいただけます。乾燥度で使い分けをします。

乾燥度チェック:表面がツルツルした平らな棒状のもの(スプーン、舌圧子など)をお口の粘膜に当て、軽く引いた時

①抵抗なくするっと外れる→ミストタイプがお勧め 乾きが気になるとき、ワンプッシュしてください

②若干の引っかかりを感じる→ミストとジェルを併用 日中はミスト、乾燥しやすい就寝時はジェルを使ってください

③粘膜に貼りつく、貼りつきそうになる→ジェルタイプがお勧め しっとり感が長続きするジェルを使ってください

使用方法:①手の甲にジェルを出し、指でダマがなくなるまでこねます

       ②お口の頬全体に大きめの綿棒または指をつかってジェルを塗ります

       ③唇の内側にも同様に塗ります

       ④上あご、舌にも塗ります  塗る際にマッサージをするとより効果的です

お口が乾燥すると不快感が出たり、自浄作用の低下により歯垢が増加し、虫歯や口臭の原因になります。粘膜の痛みを伴うこともあります。お肌と同じくお口の潤いもとても大切です。唾液腺のマッサージももちろんのこと、保湿剤を有効に使うとよいでしょう。

1  2  3