トップ > ポプラブログ

ポプラブログ

患者さんからよく聞かれる質問の一つが「ハブラシとフロスはどちらからすればよいですか?」です。

アメリカの歯科医療情報メディアであるDental Tribuneの報告をご紹介いたします。

米国歯周病学会が発行するJournal of Periodontology誌で特集されました。

試験

25名の参加者に①先にブラシで歯を磨き→次にデンタルフロスを使って歯間空隙を清掃;歯ブラシ→フロス

②フロス使用→歯ブラシで歯を磨く;フロス→歯ブラシ の2パターンを異なる時期で行ってもらいました。

結果

歯間および口腔内の歯垢(プラーク)の量は②フロス→歯ブラシ法を行ったときに有意に減少しました。

考察

研究者らはフロッシングは歯間の細菌と残屑を解きほぐし、次にブラッシングを行うと口内を水ですすぐ際にこれらの粒子をさらに口内から取り除くことができると主張しています。

米国歯周病学会の会長で歯科医師であるSteven R Daniel氏は、「この試験ではフロスの後にブラッシングを行うことで口腔内の歯垢が減少する可能性を示しているが、全ての人にとって笑顔のある健康を維持するためには、忘れずに両方を毎日行うことが重要です」と話しています。

当院では患者さんの日常生活に合った指導をするようにしております。毎日フロスも歯ブラシもしっかりしている方であれば、この研究のようにフロスから行ってもよいでしょう。フロスをしているうちに時間がなくなったり、面倒になってしまう可能性もあります。そのような場合には、毎食後の歯ブラシはキチンとしていただき、一日一回でもよいのでフロスを加えてもらうように申し上げます。長年の習慣を変えることは、大人になればなるほど難しいものです。その方のライフスタイルに合わせ、より無理なく続けられる方法を一緒に摸索していきます。今回の研究結果が参考になれば幸いです。

当院では善玉ロイテリ菌配合のプロデンティスを数か月前より取り扱っております。歯周病、口臭が気になる方、虫歯になりやすい方につかって頂き、効果がでています。ドラックストアで取り扱っている「バイオブレス」と当院の「プロデンティス」との違いを、販売元のバイオガイアジャパン株式会社に問い合わせをしました。

<菌の違い>

『バイオブレス』商品

母乳由来のロイテリ菌「DSM 17938菌株」を、1錠あたり1億個配合

ストロベリーフレーバーで、子供から大人まで馴染みやすいお味

『プロデンティス』商品

母乳由来のロイテリ菌「DSM 17938菌株」が1億個+口腔由来のロイテリ菌「 ATCC PTA 5289 菌株」が1億個

→合わせて約2億個配合

ミントフレーバー

母乳由来のロイテリ菌「DSM 17938菌株」

胃酸や胆汁への耐性があるので腸まで生きて届くことができます。またロイテリンという抗菌物質を分泌することで、むし歯菌・歯周病菌・ピロリ菌・口臭の原因となる悪玉菌といった様々な悪玉菌を抑制し、善玉菌優勢な体内細菌バランスに整えるよう働きかけます。

口腔由来のロイテリ菌「 ATCC PTA 5289 菌株」

口腔内に定着して歯肉の出血や炎症を抑制するはたらきがあります。

よって、『プロデンティス』商品は、母乳由来の「DSM 17938 菌株 」でむし歯菌や歯周病菌など様々な悪玉菌を抑制し、口腔由来の「 ATCC PTA 5289 菌株」で炎症を緩和するWの効果があります。歯肉の炎症や出血のトラブルにお悩みのお客様には2菌株入ったプロデンティス商品をお勧めしております。

<使用頻度>

いずれの商品も使い始めロイテリ菌2.jpgバイオブレス.jpgは毎日連続で一カ月使用することで善玉菌が安定してきます。その後は症状に応じて2.3日に一度の使用でもかまいませんが、続けることで善玉菌の安定を維持することができます。 重要なのは継続して使用することです。

ドラックストアのチラシには一カ月になる前に2.3日に一度の使用と記載してありますが、販売元のバイオガイアジャパン株式会社の研究では一カ月毎日連続使用により安定するデータが出ています。

当院で使用している患者さんから続々と嬉しい声が寄せられています。

・歯周病が進行して歯ブラシのたびに出血していましたが2.3カ月で改善

・娘に口臭を指摘されていたが1カ月の使用で匂いが無くなった

・クリーニングの際に歯周ポケットを触ると出血や膿があったが改善した

ほとんどの方が効果を実感し、リピーターになっています。歯周病や口臭で悩んでいる方は是非使ってみてくださいね。

虫歯だけを溶かして除去する治療;カリソルブシステムを導入しました。健康な歯を削らない虫歯治療で、スウェーデンで1998年に認可され、現在ではヨーロッパをはじめ、世界各国で一般的な治療として普及してきています。日本では2007年に厚生労働省に認可されました。

<治療法>

solv31.png

虫歯は表面よりも歯の中広がりやすい傾向があります。

薬剤を効果的に投入するため、少しだけ削ることがあります。元々ある程度の穴が開いている場合は削る必要はありません。

solv32.png

虫歯だけをやわらかくする薬剤;カリソルブを虫歯の部分に作用させます。

虫歯ではない部分および歯肉には影響がありません。

solv33.png

やわらかくなった虫歯をかき出し、除去します。

虫歯が深い場合は②→③を繰り返します。

solv34.png

歯と同じ色の詰め物;レジンを穴に詰めます。

<成分>

精製水・次亜塩素酸ナトリウム、アミノ酸、水酸化ナトリウム

<適応症>どんな症例に使えるの?

神経まで到達していない虫歯に使えます。お子様や歯科治療が怖い方にも、何回も通わず1回で治療を済ませることができます。

<作用メカニズム>

お口の中は酸性化しています。したがって、まずアルカリ性に戻す必要があります。

①次亜塩素酸ナトリウムを通常希釈するとpH8.5程度のアルカリ性です。カリソルブに入っている水酸化ナトリウムもアルカリ性pH 12程度です。

②う蝕の初期段階はエナメル質の「脱灰」化という事になります。その状態は、言わばエナメル質がスカスカの状態と言えます。

③エナメル質の大部分は、無機質のリン酸カルシウムですが水と有機質(タンパク質)で構成されています。通常、リン酸カルシウムはアルカリでは溶けることはありませんが、スカスカになった状態に次亜塩素酸による酸化分解と水酸化ナトリウムによりアミド結合(ペプチド結合)を加水分解するため、タンパク質を腐食する作用を持ちます。

④これにより、スカスカになったう蝕部のエナメル質がもろくなり、簡単に削り取れる状態になります。

<費用>

保険適応外の治療になります。

当院ではカリソルブ使用一か所10000円(税別)、白い詰め物3000円(税別)で行っています。

ロイテリ菌ロゼンジ;Bio Gaia Prodentis Lozengeが入荷しました。先日テレビなどで取り上げられてから入荷が困難となっていましたが、一カ月待ちでようやく在庫が入りました。

ロイテリ菌とは?

母乳に含まれる善玉菌で、数多くのプロバイオティクス(有益性が科学的に証明されている生きた微生物)のなかでも優れた効果とエビデンス(証拠)が確認されています。体内の細菌バランスを整え、免疫システムの強化、病原菌の駆除、腸を丈夫にするなどさまざまな役割を担っています。

Bio Gaia Prodentis Lozengeとは?

生きた乳酸菌L.reuteri Prodentisを使用した舐めるタイプのプロバイオティクス ロゼンジ(トローチ)です。L.reuteri Prodentisには母乳由来のL.reuteri DSM17938株と口腔由来のL.reuteri ATCC PTA5289株の2菌株が含まれています。ゆっくり舐めることで、両菌株がお口の中にしっかり定着して口腔微生物のバランスを整え、お口の健康維持を促します。

口腔内の微生物ロイテリ菌並び.jpg

お口の中には耳かき一杯分の中に100万~数億個の微生物が数100種類も棲んでいます。微生物は大きく分けて、からだの健康に寄与する「善玉菌」、害を及ぼす「悪玉菌」、環境の変化によりどちらにもなりうる「日和見菌」の3タイプがいます。この菌がどのような割合、数でお口の中に住んでいるかが大切です。善玉菌が優勢だと健康状態も良くなり、悪玉菌が優勢になってしまうと、虫歯や歯周病が進んだり、口臭の原因になったりします。これらのバランスと微生物の多様性を維持することが重要なのです。「善玉菌」であるプロバイオティクスを毎日補給することで、病原菌の抑制・制御を行い、菌叢を良好に維持します。

お召し上がり方

就寝中は口腔内の微生物が増えますので、歯磨き後のお休み前にゆっくり舐めてください。一日1~2錠を目安に、定期的に召し上がることをお勧めいたします。

原材料

イソマルト 乳酸菌 食物油 香料 しょ糖脂肪酸エステル スクラロース

原産国 スペイン

価格

Bio Gaiaプロデンティス ロゼンジ 30錠 3000円(税抜き)

医療機関専用ロイテリ菌 インプラント用;7000円(税抜)

  プロデンティス菌株(ガム)28錠+ガストラス菌株(チュアブル)30錠→インプラント施術後のケアにどうぞ

品薄のため、いずれも当院で治療を受けられている方のみの購入とさせていただきます。

一生懸命磨いても虫歯になりやすい方、歯周病が進んでしまう方にお勧めです。

AGEと虫歯進行

| コメント(0)
カテゴリ:

歯に蓄積した老化関連物質「AGE」の働きで、年を取ると虫歯の進行が遅くなる、という記事をご紹介します。

(2016年8月16日共同通信社配信)

AGEとは終末糖化産物(Advanced Glycation End Products)、タンパク質と糖が加熱されてできた物質のことです。強い毒性を持ち、老化を進める原因物質とされています。AGEは多くの種類があり、加齢に伴って体内に蓄積され、老化に関与するほか、糖尿病や腎不全などを悪化させる物質として研究が進んでいます。そのAGEが歯に蓄積すると虫歯が進行しにくい傾向があることを大阪大の三浦治郎助教(総合歯科学)らのチームが明らかにし、歯学専門誌(ジャーナル・オブ・デンタルリサーチ)電子版に15日発表しました。

虫歯への耐性を強めているとみられ、チームは「加齢と虫歯の関係性の解明や、AGEを利用する治療法開発につながる可能性がある」としています。チームは、歯の象牙質で、AGEが虫歯になっている所に多く蓄積していることを、蛍光現象を利用した特殊な測定法で詳細に観察するのに成功しました。 分析を進めると、AGEが多い所は、虫歯の原因となる酸や酵素を加えても歯が溶けにくかったそうです。高齢者は、象牙質にAGEが多く蓄積され、酸や酵素に対する耐性が強まるため、若年者よりも虫歯が進行しにくい傾向があるとみています。

上記のようにAGEは糖尿病や腎不全の悪化、皮膚のしわやたるみ、シミ、動脈硬化や骨粗鬆症の原因となりうる物質として、体内に蓄積しないようにする食事内容や摂取方法が数多く案内されています。今回の研究では虫歯の進行を遅くするというデータが出ており、大変興味深く拝見しました。ただ虫歯になっている部分にと記載されていますので、慎重にならなくてはなりません。まずは虫歯にしないことが大事です。さらなる研究が進むことを期待しております。


1  2  3  4