トップ > ポプラブログ

ポプラブログ

患者さんからよく聞かれる質問の一つが「ハブラシとフロスはどちらからすればよいですか?」です。

アメリカの歯科医療情報メディアであるDental Tribuneの報告をご紹介いたします。

米国歯周病学会が発行するJournal of Periodontology誌で特集されました。

試験

25名の参加者に①先にブラシで歯を磨き→次にデンタルフロスを使って歯間空隙を清掃;歯ブラシ→フロス

②フロス使用→歯ブラシで歯を磨く;フロス→歯ブラシ の2パターンを異なる時期で行ってもらいました。

結果

歯間および口腔内の歯垢(プラーク)の量は②フロス→歯ブラシ法を行ったときに有意に減少しました。

考察

研究者らはフロッシングは歯間の細菌と残屑を解きほぐし、次にブラッシングを行うと口内を水ですすぐ際にこれらの粒子をさらに口内から取り除くことができると主張しています。

米国歯周病学会の会長で歯科医師であるSteven R Daniel氏は、「この試験ではフロスの後にブラッシングを行うことで口腔内の歯垢が減少する可能性を示しているが、全ての人にとって笑顔のある健康を維持するためには、忘れずに両方を毎日行うことが重要です」と話しています。

当院では患者さんの日常生活に合った指導をするようにしております。毎日フロスも歯ブラシもしっかりしている方であれば、この研究のようにフロスから行ってもよいでしょう。フロスをしているうちに時間がなくなったり、面倒になってしまう可能性もあります。そのような場合には、毎食後の歯ブラシはキチンとしていただき、一日一回でもよいのでフロスを加えてもらうように申し上げます。長年の習慣を変えることは、大人になればなるほど難しいものです。その方のライフスタイルに合わせ、より無理なく続けられる方法を一緒に摸索していきます。今回の研究結果が参考になれば幸いです。

ロイテリ菌ロゼンジ;Bio Gaia Prodentis Lozengeが入荷しました。先日テレビなどで取り上げられてから入荷が困難となっていましたが、一カ月待ちでようやく在庫が入りました。

ロイテリ菌とは?

母乳に含まれる善玉菌で、数多くのプロバイオティクス(有益性が科学的に証明されている生きた微生物)のなかでも優れた効果とエビデンス(証拠)が確認されています。体内の細菌バランスを整え、免疫システムの強化、病原菌の駆除、腸を丈夫にするなどさまざまな役割を担っています。

Bio Gaia Prodentis Lozengeとは?

生きた乳酸菌L.reuteri Prodentisを使用した舐めるタイプのプロバイオティクス ロゼンジ(トローチ)です。L.reuteri Prodentisには母乳由来のL.reuteri DSM17938株と口腔由来のL.reuteri ATCC PTA5289株の2菌株が含まれています。ゆっくり舐めることで、両菌株がお口の中にしっかり定着して口腔微生物のバランスを整え、お口の健康維持を促します。

口腔内の微生物ロイテリ菌並び.jpg

お口の中には耳かき一杯分の中に100万~数億個の微生物が数100種類も棲んでいます。微生物は大きく分けて、からだの健康に寄与する「善玉菌」、害を及ぼす「悪玉菌」、環境の変化によりどちらにもなりうる「日和見菌」の3タイプがいます。この菌がどのような割合、数でお口の中に住んでいるかが大切です。善玉菌が優勢だと健康状態も良くなり、悪玉菌が優勢になってしまうと、虫歯や歯周病が進んだり、口臭の原因になったりします。これらのバランスと微生物の多様性を維持することが重要なのです。「善玉菌」であるプロバイオティクスを毎日補給することで、病原菌の抑制・制御を行い、菌叢を良好に維持します。

お召し上がり方

就寝中は口腔内の微生物が増えますので、歯磨き後のお休み前にゆっくり舐めてください。一日1~2錠を目安に、定期的に召し上がることをお勧めいたします。

原材料

イソマルト 乳酸菌 食物油 香料 しょ糖脂肪酸エステル スクラロース

原産国 スペイン

価格

Bio Gaiaプロデンティス ロゼンジ 30錠 3000円(税抜き)

医療機関専用ロイテリ菌 インプラント用;7000円(税抜)

  プロデンティス菌株(ガム)28錠+ガストラス菌株(チュアブル)30錠→インプラント施術後のケアにどうぞ

品薄のため、いずれも当院で治療を受けられている方のみの購入とさせていただきます。

一生懸命磨いても虫歯になりやすい方、歯周病が進んでしまう方にお勧めです。

ご要望が多くありました、Johnson&Johnson(ジョンソン&ジョンソン)のデンタルフロスを入荷いたしました。これまでご用意させていただいていたGC社のデンタルフロスよりも細めでコシが強いため、ご自分の歯(天然歯)が多く残り、歯周病の進行が軽度の方にお勧めです。

ワックスタイプでノンフレーバーとミント味の二種類、Made in カナダ、55ヤード;50.2m(メートル)で税込価格500円です。

より多くの方に使っていただきたいため、ドラッグストア、通販など調べた中で最安値でのご案内です。

スタッフさんがポップを書いてくれました。皆様どうぞ使ってみてくださいね。

定期的にクリーニングをしている患者さんの中に、茶渋が付きやすい歯の方がいらっしゃいます。

そんな方にお勧めなのが「ルシェロ歯磨きペースト ホワイト」です。

特長

1.弱アルカリ性:歯の表面に付着したステインを浮かせて落としやすくします

2.Lime粒子:歯質よりやわらかくきめ細やかなLime粒子(清掃剤)を配合しています。高濃度に配合しているためしっかり汚れを落しますが、歯を痛めません

3.PEG400:薬用成分PEG(ポリエチレングリコール)400がおタバコのヤニを溶解し除去します

4.フッ化物:薬用成分フッ化物(モノフルオロリン酸ナトリウム)950ppmが歯の再石灰化を促進し、虫歯の発生と進行を予防します

こんな方にお勧めします

・おタバコや嗜好品による強固なステインが付着している方

・ホワイトニングの効果をより持続させたい方

・白い被せ物にステインが付着している方

歯ブラシを選びましょう

歯ブラシの毛先の形状は、ラウンドもしくはひし形の物を使ってください。お薦めは「ルシェロ歯ブラシW-10」です。毛先がひし形で平面となっているため、接触面積が大きく効率よくステイン除去ができます。

ブラッシングで歯を本来の白さにしたい方、是非お試しくださいね。

インプラントを入れている方、歯周病予防をしたい方にお勧めの歯磨き粉を入荷しました。

 

バイオリペア Biorepair pro

 

バイオリペアは天然由来成分でエナメル質を修復し、歯肉炎を予防し、知覚過敏を改善し、インプラントを守ります。

 

マイクロリペア®が歯を修復し、インプラント体を守ります

天然歯は、エナメル質の9597%、象牙質のおよそ70%がハイドロキシアパタイトで形成されています。バイオリペアにはハイドロキシアパタイトを主としたマイクロリペア®という最新技術の成分が含まれています。

またマイクロリペア®がインプラント表面を覆うことで、表面を滑らかにし、プラークを付着しにくくします。

 

フッ素無配合でインプラントにも安心して使用できます

フッ素がインプラント体を劣化させるというデータがあります。そのため、インプラントが口腔内に入っている方はフッ素無配合の歯磨き剤をお勧めしております。

 

ラクトフェリンがプラークから歯と歯肉を守ります

虫歯と歯周病はバイオフィルム化したプラークが原因です。バイオフィルムとは微生物の集合体のことで、口腔内で成長しやすく抗菌薬などが効きません。ラクトフェリンは抗菌活性を持ち歯周病菌の抑制効果があるため、バイオフィルム化を防ぐことができます。

 

ビタミンAE、ハーブ各種が歯肉を守ります

ビタミンAは抗酸化作用をもち、ビタミンEは歯肉細胞の老化を防ぎます。またキンセンカやスピルリナなどのハーブも抗炎症作用や抗酸化作用を持つため、歯肉を健康な状態に保ちます。

 

 

当院では歯周病が進行している方やインプラント周囲炎予防のためにペリオバスターという液体・ジェルの歯磨き剤をお勧めしております。歯周病菌を少なくする作用があるペリオバスターですが、海草のような味がするため、患者さんによっては使いづらい方がいらっしゃいます。そんな方には今回のバイオリペアがお勧めです。是非使ってみてくださいね。

1  2  3  4