トップ > ポプラブログ

ポプラブログ

当院健診について

| コメント(0)
カテゴリ:

舌についての報道を受け、お問い合わせが増えております。

当院では開院当初から口腔外科専門医として、虫歯、歯周病のみならず、頬粘膜、歯肉、口蓋、舌、口唇が正常かどうかをチェックしております。口腔内には様々な病変が生じることがあります。患者さんご本人が改善できること、医療サイドでできることもお伝えしています。より詳しい検査や、入院が必要な場合には、信頼できる病院、先生を紹介しております。少しでもご心配なことがございましたら、遠慮なくご相談ください。

先週末、幕張メッセで開催された日本口腔外科学会に参加してきました。1年に一度開催される口腔外科学会で、口演、ポスターによる発表および様々なシンポジウム、セミナー、レクチャーがあります。

今回受講した「骨代謝回転抑制剤関連顎骨壊死・骨髄炎の診断、治療、管理-エビデンスと実際-」のレクチャーは非常に興味深く、勉強になりました。2003年に初めて骨粗鬆症予防、改善のため、がんに関連する骨吸収の抑制、高カルシウム血症の改善などに処方されているビスフォネート製剤を使用した患者さんに、顎の骨の壊死が発症することが報告されました。それ以降、様々なエビデンスや基準が存在し、処方している医師、口腔内を診ている歯科医師、ビスフォネート製剤を服用している患者さんの間で混乱が生じています。今回のレクチャーでは具体的な数字や治療法の解説および整理された目標の提示があり、とても勉強になりました。

ビスフォネート製剤は骨粗鬆症治療薬の第一選択としてよく用いられ、毎日・週1回・月1回の内服製剤、月1回の点滴製剤があります。それぞれの骨折抑制効果と患者さんの年齢、骨折リスク、ライフスタイル、薬の副作用などを考慮に入れて投与が可能です。内服、点滴にかかわらずビスフォネート製剤のような強力な骨吸収を抑制する薬を長期間使用していると、骨の代謝障害が起きます。

骨は破骨細胞のよる骨の吸収と、骨芽細胞による骨の形成を繰り返して代謝しています。破骨細胞と骨芽細胞はセットなので、ビスフォネート製剤により破骨細胞の数を少なくすると骨芽細胞も少なくなり、骨の形成も抑えることになります。そのため、ビスフォネート製剤を長期間使用している患者さんに抜歯を行った場合、抜いた部分に本来できるべき骨ができないばかりではなく、古い骨を除去する破骨細胞が働かず、定められた寿命を超えて残り、骨の細胞は死んでしまい、後には死んだ骨が取り残されます。これが骨の壊死です。

また、顎の骨はビスフォネート製剤投与の影響が、他の骨より10倍感受性が高いといわれています。よって、服用や点滴を開始する前に歯科を受診してください、と医師から勧められるのです。

前述したように、内服・点滴、投与の間隔、期間により対処方法は異なりますので、歯科受診の際にはビスフォネート製剤を「いつから」「どのくらいの量」を使用しているか教えてください。

主なビスフォネート製剤です。

ダイドロネル アレディア テイロック

ボナロン フォサマック ベネット アクトネル リカルボン ボンビバ ゾメタ

 

ビスフォネート製剤ではありませんが、2012年に承認された抗RANKLモノクローナル抗体のデノスマブも同様に顎の骨壊死を引き起こすことがあるため注意が必要です。

こんにちは。

先週末は久しぶりに良いお天気の土日になりましたね。私は千葉の幕張メッセで開催された、日本口腔外科学会に参加してきました。

大学時代の先生方と久しぶりにお会いでき、講習会も受け、大変充実した時間を過ごしました。日々勉強と改めて感じさせられました。

皆様はどのようにお過ごしになりましたか?

こんにちは。年度の変わり目で皆様忙しい日々をお過ごしと存じます。

先日、お子さん(7歳)の上前歯の間にあった過剰歯(正中埋伏過剰歯)の抜歯をしました。ある程度抜歯の必要性を理解でき、じっとしていられる9歳前後で抜歯することが多いのですが、前歯の隙間が大きく早期の手術が必要と判断しました。まだ小さいのによく頑張ってくれました。術後私にお手紙をくれました。可愛い封筒に似顔絵入りのお礼の文面を書いた便せんが入っていました。お子さんが治療を嫌がることは多々経験します。必要な治療と分かっていても泣いて嫌がられると胸が痛みます。そんな中、頑張ってくれたお子さんからお手紙をいただき、とても嬉しく幸せな気持ちになりました。Sちゃん、お手紙本当にありがとうございます。

高齢化と口腔がん

| コメント(0)
カテゴリ:

今日の横浜は雨がしとしと降っています。昨日と比べてとても涼しく感じます。

高齢化により口腔がんの患者さんが増えている、というニュースがございましたのでご案内いたします(6/5共同通信社より)。

舌や歯肉、頬の内側などにできる「口腔(こうくう)がん」の患者が増えています。特に目立つのは高齢者の増加で、超高齢化社会の進展が背景にあります。口腔がんは痛みなどの自覚症状が乏しく、発見が遅れるケースも少なくありません。進行がんでは生存率が大きく低下し、治療後も食事や会話など生活の基本となる機能が著しく損なわれます。どうすれば早期かつ効率的にがんを発見できるのでしょうか。一つの方策は、国民の多くがかかる歯科医院の日常診療を利用し、口腔内を徹底チェックすることです。

 ▽システム

 2009年11月、千葉県市川市内の歯科医院で、義歯(入れ歯)を作るために来院した80代女性が「ほっぺたの内側をよくかむんです」と話しました。歯科医が口の中をよく観察すると、左頬の内側が少しただれていました。ブラシのような器具で粘膜の表面をこすり、採取した細胞を検査のために東京歯科大市川総合病院に送りました。結果は、悪性が疑われました。

 報告を受けた歯科医は女性を同病院の口腔がんセンターに紹介し、女性は病変の一部をメスで切り取って調べる組織診で「頬粘膜の扁平(へんぺい)上皮がん」と診断されました。進行の程度は、比較的早期のステージIIでした。

 市川市では2007年以来、地元歯科医師会と同病院が連携した「市川市口腔がん早期発見システム」が稼働しています。現在は歯科医師会から100人を超える開業歯科医が参加。日常診療で何らかの病変を見つけた場合は細胞診を実施し、悪性が疑われれば2次医療機関に紹介しています。月に1回、同病院とともに口腔粘膜の診察方法などについて研修会も開いています。

 ▽死亡者急増

 がんと診断された80代女性は、口腔がんセンターで手術を受け、2年半後のいま、経過は順調で、食事など日常生活に支障はないといいます。「システムがうまく機能した実例です」と同センターの佐藤一道(さとう・かずみち)講師は話します。

 佐藤さんによると、国内の口腔がん患者は2005年に6900人、2015年には7800人になると予測されています。すべてのがんの1~2%に当たります。部位別では舌が最も多く、歯肉が続きます。

 特徴的なのは、患者数のピークがより高齢側に移ってきたことです。「かつては喫煙や飲酒が口腔がんの要因として問題にされました。しかし最近は、酒やたばこの経験がない高齢の女性患者も多い。加齢の影響を考えなければなりません」と佐藤さんは指摘します。

 死亡者数について口腔がん単独のデータはありませんが、厚生労働省の人口動態統計によると、咽頭がんと合わせた数字はこの10年余りで急増しました。米国などで口腔がんの死亡が減少傾向にあるのとは対照的です。

 ▽進化形

 「早期のステージIとIIなら5年生存率は90%前後。しかし、進行がんのステージIIIとIVでは50%前後まで下がります。早期発見の意味は大きいが、実際には早期に見つかるのは半分程度です」と佐藤さん。

 早期発見を目指し、各地で口腔がん検診も行われています。東京歯科大も1992年から千葉県内で集団検診を実施してきました。口腔がんの認知度向上に大きな役割を果たす一方で、問題点も浮かび上がったといいます。

 1年に1度の検診では進行の早いがんを発見できない恐れがあること。受診率が低いこと。さらに受診者は健康への関心が高い人たちで、高いリスクを抱える人の受診が少ないことです。こんな問題を解消する進化形が早期発見システムでした。

 佐藤さんは「国民がかかりつけの歯科医院を持って定期的に受診し、歯科医が高い意識で口の粘膜を診れば、確実に早期発見ができ、死亡率も下がります。このシステムを広めたい」と話しています。

 

患者さんから「お口の中にがんができるの?」と聞かれることもよくあります。上記のように初期の段階では自覚症状がないことが多く、気づいた時には進行していることがあります。口内炎はできてから2週間ほどで治癒します。長く治らない口内炎は診てもらいましょう。またかかりつけの歯医者さんに定期的に受診し、歯だけではなく歯茎、頬の粘膜、舌も診てもらうとよいでしょう。