トップ > ポプラブログ

ポプラブログ

口腔は全身の鏡

| コメント(0)
カテゴリ:

以前、唾液には血液や尿などと同様に身体の情報が含まれているとお話ししました。この他にも全身状態が口腔内の症状として現れることは珍しくありません。

先日「手足口病」の患者が大流行した昨年の1/100になっていると報道されました。これは新型コロナウイルス対策で手洗いなどを徹底しているためと思われます。この「手足口病」はこれから夏の時期に4歳くらいまでのお子さんがかかることが多い全身性のウイルス感染症ですが、文字通り手や足のほかに口腔内に発疹(やぶれてその後口内炎になります)が生じます。

自己免疫疾患である「ベーチェット病」はぶどう膜炎(眼症状)、結節性紅斑(皮膚症状)、外陰部潰瘍(泌尿器症状)に加えて口内炎が主症状となります。高血圧や循環器の状態の悪化により舌下面の血管の腫れが観察されます。また、血液のがんである「白血病」も歯肉出血が初期症状の一つでもあります。

さらに虫歯などが無く、原因がはっきりしない歯痛をよく調べてみると「脳腫瘍」が歯や口腔内の知覚を支配する三叉神経を圧迫していたという症例もあります。その他、麻疹や溶連菌感染症など多数の病気が口腔内に症状を示します。まさに「口腔は全身の鏡」なのです。当院では検診や毎回の治療時に虫歯や歯周病ばかりでなく口腔内を観察して全身状態の把握にも努めています。(出山義昭記)

ご自身の健康管理や疾患予防ために人間ドッグを受けられる方も多いかと思います。

全身状態が口腔内の症状として表れることも多く、「口腔は全身の鏡」と言われます。唾液には血液や尿と同様に健康状態の指標となるような情報が多く含まれています。

サリバチェッカー®は数滴の唾液を採取するだけで一度に肺がん、すい臓がん、大腸がん、乳がん、口腔がんのリスクを判定することが可能で、血液検査などが苦手な方にも安心して受けて頂けます。本検査は慶應義塾大学や東京医科大学などでの臨床研究により有効性が明らかになっています。

一方で妊娠中の方、炎症性疾患に罹っている方、服薬している方は検査結果に影響が出ることもあるため精度の高い判定が出来ない場合もあります。さらに本検査はあくまでも「がんの疑いを検知」するものであり、その結果を基に最終的には専門医療機関などで画像診断などにより「確定診断」を受ける必要があります。口腔がんにつきましては当院における定期検診などにおいても確認しておりますが、本検査にご興味のある方はご相談ください。

当院には「口が渇いて・・・」と訴える患者さんが大勢いらっしゃいます。これからの季節、暖房などで乾燥するとお口の中も乾きやすい環境になります。大きな唾液腺は、耳下腺、顎下腺、舌下腺があり、その中でも耳下腺はさらさらな液が分泌され(漿液腺)、お口に潤いを与えます。耳下腺分泌が少ない方にはマッサージをしていただいています。自分でも簡単にできますので、ご紹介いたします。

左の図のように、耳下腺は耳たぶの下から顎のエラ、頬骨にかけて広がっています。唾液が通る管はお顔の後ろ側から前に向かって走行し、出口はお口の中の、上奥歯の頬粘膜(ほおの粘膜)に位置しています。

右の図のように、耳たぶの下から頬骨にかけて指を添え、後ろの指から前に絞るように押します。1.2.3.4の順に後ろから送るように絞ります。マッサージはお食事の前が効果的です。左右にありますので、両方、10回ほど行ってください。

口腔乾燥の原因は様々です。全身的な原因として、脱水や代謝異常があります。唾液腺自体の原因としては、加齢変化、放射線治療による萎縮、炎症による萎縮、唾液分泌神経の障害、その他、口呼吸などがあげられます。マッサージをしても乾燥が改善されない場合には、口腔外科または耳鼻科を受診しましょう。

2019年10月6日㈰に開催されました、一般社団法日本顎関節学会第48回学術講演会に参加しました。顎関節;顎の関節と咬み合わせとの関係や、様々な変化への対応方法、起こり得る症状など、知識の整理とともに今後の方向性も見え、大変有意義な時間を過ごしました。

当院健診について

| コメント(0)
カテゴリ:

舌についての報道を受け、お問い合わせが増えております。

当院では開院当初から口腔外科専門医として、虫歯、歯周病のみならず、頬粘膜、歯肉、口蓋、舌、口唇が正常かどうかをチェックしております。口腔内には様々な病変が生じることがあります。患者さんご本人が改善できること、医療サイドでできることもお伝えしています。より詳しい検査や、入院が必要な場合には、信頼できる病院、先生を紹介しております。少しでもご心配なことがございましたら、遠慮なくご相談ください。

1  2  3