トップ > ポプラブログ

ポプラブログ

当院では新型コロナウイルス対策を実施しております。

①マスクと手袋の着用

②待合室の空気清浄機の設置

③自動ドアの押しボタン手すりなどの清拭

④患者さんごとの器具とグローブ・枕カバーの交換

⑤患者さんごとの治療器具の滅菌消毒

⑥ユニット(治療椅子)の清拭

~患者さんへのお願い~

①手洗い・うがい・ご来院時アルコール消毒の励行

②咳・くしゃみエチケット(マスク着用、ハンカチ等の使用)

③院内感染予防のため、14日以内に

  咳・頭痛などの風邪症状類似症状がある方

  37.5度以上の発熱のある方

 は受診をご遠慮いただき、ご予約をお取り直しください

ご協力をお願い申し上げます。

歯科治療の中で苦手なものの一つに麻酔注射があげられます。

当院では針注射の前に、ジェル状の表面麻酔薬を塗り、麻痺させた上で注射しております。

またメロディが流れる電動注射器で、ゆっくり液をいれることでリラックスでき、かつ痛みをより少なくしています。

注射針も細いほど刺入時の痛みを感じにくいため、この度これまで使用していた33Gに加え、より細い35Gを用意しました。

これまで以上に皆様により痛みを感じにくく、安心して治療を受けていただけるように心がけていきます。

最近アイコン;初期脱灰部(ホワイトスポット)に対する治療についてお問い合わせが続いています。ホームページにまとめましたので、ご覧ください。

トップページ→診療内容について→歯周病予防・治療について 

をクリックしてください。ご不明点がございましたら遠慮なくお問い合わせください。

2019年も残すところあと2週間となりました。年末年始診療のお知らせをいたします。

12/28㈯午前のみ診療 午後より休診

12/29㈰~1/5㈰ 休診

1/6㈪~ 通常通り診療

毎年のことですが、12月になると被せ物が取れる方が急増します。取れるのには何らかの原因があり、中で虫歯になっていることが多く見受けられます。年末年始はほとんどの病院が休診となるため、取れてしまったら早めに受診をしてください。

2019年は患者さんに寄り添ってきたことが、少しずつ実っていると実感できた年になりました。歯ぐきや頬粘膜の炎症が起きたり、急にお口の環境が悪くなったりすることがあります。その部分のみを切り取るのではなく、全身的にお病気がないか、服用している薬が変わっていないか、生活環境の変化がないか、などのバックグランドを知ることが改善への道となります。プライベートなことを教えていただくには、信頼関係が必須です。信頼関係は急に築くことはできません。少しずつ患者さんに寄り添い、心を開いていただいて初めて生まれます。患者さんからいろいろなお話を伺うことができ、それによってお口の健康を保つための治療やアドバイスがスムーズに行えるように、今後も一歩一歩進んで行きたいと思っております。

よいお年をお迎えください。

当院には「口が渇いて・・・」と訴える患者さんが大勢いらっしゃいます。これからの季節、暖房などで乾燥するとお口の中も乾きやすい環境になります。大きな唾液腺は、耳下腺、顎下腺、舌下腺があり、その中でも耳下腺はさらさらな液が分泌され(漿液腺)、お口に潤いを与えます。耳下腺分泌が少ない方にはマッサージをしていただいています。自分でも簡単にできますので、ご紹介いたします。

左の図のように、耳下腺は耳たぶの下から顎のエラ、頬骨にかけて広がっています。唾液が通る管はお顔の後ろ側から前に向かって走行し、出口はお口の中の、上奥歯の頬粘膜(ほおの粘膜)に位置しています。

右の図のように、耳たぶの下から頬骨にかけて指を添え、後ろの指から前に絞るように押します。1.2.3.4の順に後ろから送るように絞ります。マッサージはお食事の前が効果的です。左右にありますので、両方、10回ほど行ってください。

口腔乾燥の原因は様々です。全身的な原因として、脱水や代謝異常があります。唾液腺自体の原因としては、加齢変化、放射線治療による萎縮、炎症による萎縮、唾液分泌神経の障害、その他、口呼吸などがあげられます。マッサージをしても乾燥が改善されない場合には、口腔外科または耳鼻科を受診しましょう。

前の5件 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11