トップ > ポプラブログ

ポプラブログ

嬉しい記事がありましたのでご紹介します(2018年3月30日中日新聞配信)。

健康上の理由で日常生活が制限されることがない「健康寿命」が、2016年は私の出身地である富山県で、男性が72.58歳、女性が75.77歳となり、ともに全国トップ10入りしました。「健康寿命」は2000年に世界保健機関(WHO)が提唱したのをきっかけに注目されるようにりました。

厚生労働省の調査によると全国のデータは男性72.14歳、女性は74.79歳。2013年と比べて男性は31位から8位へ、女性は14位から4位と大幅に上昇しています。

富山県はこれまで、野菜摂取やウォーキングを促すさまざまな施策を続けてきました。2017年9月から新たに始まったのが「健康寿命日本一応援店」の登録制度です。3つの条件①1食あたりの野菜を150グラム以上②塩分が3グラム以下③小盛りサービスがあるを満たしている飲食店を登録しています。2018年3月29日現在で、カフェや食堂、日本料理店、ラーメン店など161店舗を登録しています。今後は社員食堂にも展開していきたいと、県健康課の担当者は話しています。

ちなみに男性は1位は山梨、2位埼玉、3位愛知、女性は愛知、三重、山梨の順です。どの県もそれぞれ健康寿命を延ばす良いところがあるのでしょう。健康で長生きするのは素晴らしいことですね。

マウスピースと歯ぎしり

| コメント(0)
カテゴリ:

当院は顎関節症の患者さんが大勢いらっしゃいます。顎関節症は様々な症状があり、歯ぎしりや食いしばりによるものもあります。そのような症状にはマウスピースの装着が有効な方がいます。このたび、歯ぎしり防止にボトックスが有効というニュースを見ました。マウスピース装着により歯を守る;歯へのダメージを回避することはできますが、歯ぎしりおよび食いしばりそのものをなくすことはできません。ボトックス治療が有効な選択肢の一つになりうるだろう、という見解のニュースでした。まだまだ検証と他の要因を排除することが必要ですが、興味深く拝見いたしました。

誤嚥予防に

| コメント(0)
カテゴリ:

患者さんから「よく喉に食べ物や水が入ってむせてしまって」と相談されることがあります。本来なら食道に入るはずの物が咽頭や気管に入ってしまう「誤嚥(ごえん)」です。誤嚥をすると窒息や誤嚥性肺炎などを引き起こす可能性があるため、頻繁に起こる場合には訓練が必要となります。

訓練の前に最も重要なのは「お口の中をきれいにすること」です。

お口の中が汚れていると唾液を誤嚥したときに、一緒に細菌も誤嚥するため誤嚥性肺炎になりやすくなります。また、汚れがたまると味覚や知覚が低下して嚥下(えんげ;物を飲み込み食道に送ること)にも悪影響を与えます。そのため訓練の前に必ずお口の中をきれいにしましょう。

食べ物を使わない訓練

1.お口の周囲筋肉をマッサージしましょう

2.口をとがらせて息を吹いたり、ストローを吹きましょう

3.空嚥下をしましょう

4.小さな氷片をなめてから嚥下しましょう

5.壁・椅子・机などを強く押しながら一瞬息を止めた後に力強く「あ~」などと声を出し、最後に唾液を呑み込みましょう

6.大きく息を吸ってそのまま止め、空嚥下をし、呑みこんだらすぐに咳をしましょう 10~20回程度繰り返しましょう

他にも様々な訓練がありますが、一人で簡単にできるものを挙げました。参考になれば幸いです。

2018年1月の診療がスタートしました。本年もどうぞよろしくお願いいたします。

年末年始、皆様はいかがお過ごしでしたか。

私は故郷の富山で過ごしました。久しぶりに路肩や木々に雪が積もっており、風情のある風景を見ることができました。香箱ガニ(北陸でとれるメスのズワイガニ)の内子や鰤刺しなどを美味しくいただきました。患者さんの中にも富山出身の方がいらっしゃり、年始は故郷話で盛り上がりました。

5日から通常通り診療しております。今年も皆様のお口の健康のために自己研鑽していく所存です。よろしくお願い申し上げます。

こんにちは。

今年の診療は本日午前で終了しました。今年は診療台が5台に増え、口コミによる患者さんも大勢きてくだるようになり、充実した一年になりました。これからも患者さんとの人間同士のつながりを大事にし、よりきめ細やかな心遣いで診療していく所存でおります。来年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

皆様、よいお年をお迎えください。

前の5件 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11